事前に必要なことは?

デザインの位置・解像度に注意

オリジナルTシャツをつくる上で重要なのがそのデザインです。正面いっぱいにプリントしたものや胸にワンポイントとして入れたもの、背面にデザインしたものなど様々です。プリントする位置によって印象がガラッと変わるため、完成形をしっかりイメージした上で作成していく必要があります。また、プリントするデザインの解像度にも注意が必要です。例えば正面いっぱいに印刷する場合、解像度が低いと画像が引き延ばされ、粗くモザイクのようにプリントされてしまいます。各オリジナルTシャツ作成業者のホームページに最適なサイズが記載されていると思うので、あらかじめデザインの解像度を確認し、必要にあった画像を準備するのが良いでしょう。

デザインが著作権・肖像権を侵害していないか確認

オリジナルのデザインであれば問題ありませんが、既存のキャラクターを使用する場合には注意が必要です。それらは作者の著作物であり、無断で使用することは「著作権の侵害」となってしまいます。「個人製作かつ家庭内利用」であったり「著作者から利用許諾を受けている場合」などにはキャラクターを使用しても問題ありませんが、業者に頼んだり、第三者の目に触れる場所で着用してしまうと処罰の対象となります。パロディやオマージュとして使用したい場合も作者の許可が必要です。

もう一つ気をつけたいのが人物の写真を使用する場合の「肖像権」です。一般人・芸能人に関係なく、他人が写った写真を勝手に利用すると「肖像権の侵害」となってしまいます。必ず許可をとった上で撮影・使用するようにしましょう。

オリジナルのイラストや写真をプリントしたオリジナルパーカーは、今や簡単に作れるようになりました。業者のサイトにアクセスして、ネット上でパーカーのデザインを決められるためです。